痛風や便秘は食事で改善【プリン体をパワーフードで撃退】

サプリメント

痛風に悩まない方法

痛風という病について

サプリメント

痛風という病気。特に酒飲みの方は聞き覚えがあるのでは無いでしょうか。体内の尿酸値が上昇し、関節炎を起こす男性に多い病気です。因みに、女性はあまり発症しないそうです。この病は、風が吹くだけで関節が痛むという事から痛風と名付けられました。 さて、この痛風。ビールなどに含まれる『プリン体』という物質が原因であるというのは有名な話です。実際に、予防のためプリン体ゼロのビールなどを選んで購入される方も少なくはありません。 テレビCMなどでも大々的にプリン体ゼロを謳っているビールも最近では増えましたね。しかし、痛風の予防とは本当にそれだけで大丈夫なのか、考えたことはありませんか。まず、プリン体とはどのような食品に多く含まれるのかがわからない方も多いでしょう。 プリン体はビール以外にも様々な食品に含まれているのです。

予防するために

痛風の原因であるプリン体。これがビールに多く含まれることは有名な話ですが、予防のためにはその知識だけでは少し足り無いと言わざるを得ないでしょう。 このプリン体は、帆立の貝柱や裂きイカなどの乾物類、レバーやハツなどのモツ類、いわゆるおつまみ系の食品に多量に含まれています。 酒のつまみにこれらの食品を食べられる方、多いのでは無いのでしょうか。 ドキリとされた方も多いでしょう。しかし、いきなりつまみを変えろと言われてもそうそう変えられないと思います。 ではどうすれば良いのか。 それは野菜を多く摂取する事です。痛風はプリン体が尿酸に変化し体内に溜まることで発症するのですから、それを体内から排出してしまえば良いということです。 野菜には尿酸の排出を促すカリウムが多量に含まれています。このカリウムは、茹でたり炒めたりしてしまうと野菜の外に出てしまうので、予防のためには生の野菜をサラダやマリネなどにして食べると良いでしょう。 是非、試してください。